“若き天才”、横浜市立大の武部准教授が米国で研究室を立ち上げへ

 横浜市立大学大学院医学系研究科の武部貴則准教授が、米Cincinnati Children's Hospital Medical Centerの消化器部門・発生生物学部門に准教授として赴任し、自らの研究室を立ち上げることが2015年11月20日までに分かった。日本のクロスアポイントメント制度を利用し、横浜市立大での役職も兼務する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)