CiRA・iPS細胞再生医療推進室長の高須直子氏に聞く

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は2012年からiPS細胞ストックに取り組んでいる。iPS細胞ストックは、医療用iPS細胞をあらかじめ保管しておく仕組み。患者自身の細胞からiPS細胞を作製して再生医療などに使用する場合と比較して、時間とコストを大幅に削減できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)