米Cerulean Pharma社は2015年11月17日、PARP阻害薬のLYNPARZA (olaparib) とトポイソメラーゼ1 (Top1)の阻害薬 CRLX101の組み合わせ療法について研究するため、英AstraZeneca社のグループ会社のAstraZeneca AB社と米国立衛生研究所(NIH)傘下の米国立癌研究所(NCI)と提携したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)