米Raptor Pharmaceutical社は2015年11月16日、肝生検で中等度から重度の非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)が確認された小児を対象として、遅延放出システアミン経口剤RP103を検討したフェーズIIbのCyNCh試験から、追加結果を報告したと発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)