厚労省、iPS細胞由来分化細胞の安全性評価で研究班設置

 厚生労働省は2015年11月18日、第4回厚生科学審議会再生医療等評価部会(座長は聖路加国際大学の福井次矢理事長)を開催し、iPS細胞由来移植細胞の安全性の確保に向けて、新たな研究班を設置したことを報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)