東京都医学総合研究所感染制御プロジェクトの小原道法プロジェクトリーダー(PL)は、2015年11月14日から愛知県犬山市で開催された第19回日本ワクチン学会学術集会で、H5N1高病原性鳥インフルエンザワクチンに対して有効なインフルエンザHA組換えワクシニアウイルスワクチン(DIsrVV-Flu HA)を開発したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)