ベルギーCelyad社は2015年11月10日、急性骨髄性白血病 (AML) あるいは多発性骨髄腫(MM)患者を対象としたNK細胞の受容体のリガンドに対するCART細胞療法NKG2D のフェーズI臨床試験について発表。最初のコホートに参加した、最後の患者の30日間の安全性フォローアップ試験が完了した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)