ヤクルト本社は2015年11月16日、2016年3月期第2四半期の決算説明会を開催。2015年10月に日産化学工業から国内での開発・商業化権を導入した経口のトロンボポエチン(TPO)受容体作動薬、NIP-022について、両社で国内での開発戦略を検討していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)