国がん、網羅的遺伝子診断を実臨床に導入へ

 国立がん研究センターは2015年11月13日に記者会見を行い、国際基準に準拠した新しい遺伝子検査室を開設したことを紹介するとともに、2016年1月より網羅的遺伝子診断を日常診療に導入するための臨床研究を開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)