米DuPont社は2015年10月30日、米アイオワ州Nevada市に建設したセルロースバイオ燃料生産施設の開所式を執り行ったと発表した(関連記事1)。このバイオリファイナリーは年産能力が3000万ガロンある世界最大級のセルロースエタノール生産プラントで、ガソリンと比べて温室効果ガス排出を90%削減できるバイオマス由来のクリーン燃料を供給する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)