アステラスの畑中社長、「眼科領域では細胞医療の必要性が高い」

 アステラス製薬は、2015年11月10日、米Ocata Therapeutics社の買収に関して、都内で説明会を開催。眼科領域では細胞医療のアプローチが合理的であると説明するとともに、Ocata社が多能性幹細胞を眼科領域の多様な細胞へ分化誘導する手法やノウハウを有していることを買収の理由の1つに挙げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)