ドイツQIAGEN社は2015年11月4日、大腸癌に臨床的に関連があることが知られている遺伝子変異を発見するGeneReader NGS Systemのパフォーマンスを確認したと発表した。米Broad Instituteが行った分析の結果は、11月4日、テキサス州のAustinで開催されるAssociation for Molecular Pathology (AMP) 2015 Annual Meetingで発表される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)