英癌研究所と英Royal Marsden NHS Foundation Trust、イタリアTrento大学の研究者たちは、去勢抵抗性前立腺癌患者の血中を循環している腫瘍DNAを次世代型シーケンサーで解析し、癌細胞のアンドロゲン受容体(AR)遺伝子の異常をモニタリングすることにより、抗癌剤アビラテロンに対する反応性を予測できることを示した。詳細はScience Translational Medicine誌2015年11月4日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)