国立がん研究センター研究所創薬臨床研究分野ユニット長の本田一文氏らの研究グループは、血液中のアポリポプロテインAII(apoAII)のアイソフォーム2種類を測定することで早期膵癌の検出ができることを見いだした。ELISA法キット(研究用試薬)を開発し、臨床検体でアイソフォームの測定ができ、早期も含めた膵癌の検出が可能であることを確認した。研究成果はScientic Reports誌11月9日号に発表した。著者の中には東レが含まれている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)