第一三共、キナーゼ阻害薬PLX3397は癌免疫療法への展開も期待

 第一三共は2015年11月2日、2016年3月期第2四半期決算の説明会を開催。執行役員の赤羽浩一研究開発本部長は、米食品医薬品局(FDA)からBreakthrough Therapy(BT)に指定されたキナーゼ阻害薬のPLX3397について、「癌免疫療法での展開を期待している」とコメントした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)