HER2陽性早期乳癌の術後療法としてハーセプチンを投与することは、中央値11年間の長期観察でも有効であることが明らかとなった。国際多施設無作為化フェーズIII試験HERAの最終解析の結果、示されたもの。成果は12月8日から12日まで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2015)でドイツSana Klinikum OffenbachのJackisch C. 氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)