HER2陰性のI期からIIIB期の乳癌で標準的な術前化学療法(アントラサイクリン系かつ/またはタキサン系抗癌剤)を受けて病理学的完全奏効(pCR)が得られなかったかつ/またはリンパ節陽性の患者に、手術後に標準療法(ホルモン受容体陽性の場合はホルモン療法、ホルモン受容体陰性の場合は全身療法無し)に経口5FU製剤ゼローダを加えて投与すると、標準療法のみの患者に比べて、無増悪生存期間(DFS)、全生存期間(OS)が有意に良好であることが明らかとなった。日韓で行われた多施設オープンラベル無作為化フェーズIII試験CREATE-Xの結果、示されたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)