局所進行または転移を有する乳癌に抗PD-L1抗体avelumabが有用である可能性が明らかとなった。フェーズIb試験JAVELINの拡大コホートの乳癌患者を対象としたグループで忍容性が認められ、一部の患者、特に腫瘍中の免疫細胞にPD-L1発現が認められた患者で高い効果が認められたもの。成果は12月8日から12日まで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2015)で、ベルギーUniversity of AntwerpのDirix LY氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)