再発・難治性多発性骨髄腫(RRMM)に対して、新規経口プロテアソーム阻害薬ixazomibとレナリドミドとデキサメタゾンとの併用療法(IRd)は、レナリドミドとデキサメタゾンとの併用療法(Rd)にプラセボを投与した場合に比べて、有意に無増悪生存期間(PFS)を延長できることが明らかとなった。国際共同フェーズIII試験TOURMALINE-MM1の結果、示されたもの。成果は12月5日から8日にオーランドで開催されている米血液学会(ASH2015)でフランスUniversity of NantesのPhilippe Moreau氏によって発表された。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)