FLT3変異を有する18歳から60歳の新規診断急性骨髄性白血病(AML)患者に対して、標準的な化学療法にマルチキナーゼ阻害薬であるmidostaurin(PKC412)を加えた治療法は、プラセボを加えた治療法よりも有意に無イベント生存期間(EFS)と全生存期間(OS)を延長できることが明らかとなった。プラセボ対照国際前向き無作為化二重盲検フェーズIII試験RATIFY (CALGB 10603) の結果、示されたもの。成果は12月5日から8日にオーランドで開催されている米血液学会(ASH2015)のプレナリーセッションで米Dana-Farber Cancer InstituteのRichard M.Stone氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)