慢性骨髄性白血病(CML)、フィラデルフィア染色体陽性急性骨髄性白血病を対象に開発が行われているBCR-ABL特異的アロステリック阻害薬ABL001が、チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)の投与経験のあるCML患者に有効である可能性が明らかとなった。日本も含まれた国際オープンラベル用量漸増フェーズI試験の結果示されたもの。成果は12月5日から8日にオーランドで開催されている米血液学会(ASH2015)で、英Cardiff大学のOliver G.Ottmann氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)