厚労省、ゲノム医療のタスクフォースが初会合

 「ゲノム医療は、我が国の医療の在り方を根本的に変える可能性がある。米国や英国などに比べて、これまでは若干後れてきたかもしれないが、ここで一気に追い付くことをお願いしたい」(厚生労働省の塩崎恭久大臣)――。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)