アグリバイオ最新情報【2016年7月】のハイライト【GreenInnovation Vol.313】

(2016.08.12 08:00)

アグリバイオ最新情報【2016年7月】のハイライト
       ISAAA日本バイオテクノロジー情報センター(NBIC)の冨田房男代表

7月のハイライト

 今月は、大きなニュースが多いが、中でもノーベル賞受賞者110人の署名があるグリーンピースへの手紙は、大きな影響があると考えられる。この署名には日本からはノーベル物理学賞を受賞した天野浩教授が入っている。この手紙の目的は、グリーンピースの行動に強い反対の力をあらゆる面から起こし、農業者が現代の生物学のツール、特にバイオテクノロジーで改良された種子を使えるように促進することである。ノーベル賞受賞者は、以下の言葉で手紙を結んでいる。「私たちはこの人道に反する犯罪的行為を前にして世界の貧しい人々がどれほど死んでいるかに思いを馳せるべきである」
 100人以上のノーベル賞受賞者が、遺伝子組換え作物(GMO)とバイオテクノロジーによる農業革新を支持する立場からグリーンピースに対して、GMOに対する反対行動、特にゴールデンライスに対する反対行動を止めるようにと呼び掛ける手紙に署名した。これは、世界各国の政府にゴールデンライス、およびバイオテクノロジーで改良した作物や食品全般に反対するグリーンピースのキャンペーンを止めさせるように訴えるものである。
 これに加えて、米国ではGM食品表示法案が米国上院を通過した。これは、Vermont州で表示が義務化されたことに反対するものであり、米国の農家、生産者、および他の農業ビジネス関係者は、米国生物工学食品表示基準が上院を通過したことを歓迎している。この法律により、透明で均一な国家食品表示基準が提示されることになると期待される。法案は現在、Barack Obama大統領に渡され署名されると法律になることを要請している。
 「遺伝子工学は、植物育種家が地球規模の課題に対処するために使用する安全かつ重要な様々のツールの1つである。この法案のおかげで、この手法で製造された製品が不当な表示義務を負わされることがなくなる」と、米国種子貿易協会の最高経営責任者(CEO)兼代表のAndy LaVigne氏が述べた。
 フィリピンでは、Btナスに対してのみではあるが、2015年12月の最高裁判所の判決を逆転する決定を最高裁判所が下した。2015年12月の判決とは、GMOの圃場試験、栽培、商品化および輸入を一時的に停止するとしたものである。今後の進展を見守りたい。
 研究面では、日本の神戸大学の研究チームが、農業への極めて重要であるイネの新しい4つの遺伝子を発見した。チームは、作物の遺伝子分析のために使用されてきた量的形質遺伝子座(QTL)解析代わりにヒト遺伝子を解析するのに頻繁に使用されるゲノムワイド関連解析(GWAS)を使用したが、これは大きな貢献といえよう。このような科学が早急に農業の現場に出ることを期待したい。そのためには、上に紹介したようにグリーンピースのような反対を止めさせる動きが学会や行政から出ることを期待したい。
 Purdue 大学が行った地球規模での GMO禁止による経済的・環境的影響評価によれば、GM技術の禁止に関連する総福祉損失は9.75億ドルとなる。重要なバイオテクノロジー形質の損失による経済的影響に加えて、環境への影響もある。十分な環境分析研究は、今回行われなかったが、GMO形質がないことによる土地利用の変化と温室効果ガス排出量による損失の可能性が示された。GMO技術が禁止された場合、温室効果ガス排出量の大幅な増加が発生することが予想される。

世界
2016年世界食糧賞はバイオテクノロジーによる栄養成分強化法の先駆者
ノーベル賞受賞者110人がGMO反対を止めるようグリーンピースに呼び掛け
Purdue大、地球規模での GMO禁止による経済的・環境的影響を評価

南北アメリカ
GM食品表示法案が米国上院を通過

アジア・太平洋地域
神戸大、イネを改良するための新たな4つ遺伝子を発見
イネを改善するための新たな4つ遺伝子が発見された
フィリピン最高裁、BTナスの判決を逆転

研究
日持ちが向上するトランスジェニックバナナをイスラエルで開発

作物バイオテクノロジー以外の話題
食糧供給を改善するために微生物叢を活用
ブラジルで遺伝子組換え蚊がデング熱を91%減少

国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2016年7月】
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/isaaa/16/08/10/00008/

 毎月第2・第4木曜日に配信している日経バイオテクGreenInnovationメールに掲載している記者や専門家によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧