アグリバイオ最新情報【2016年6月】のハイライト【GreenInnovation Vol.311】

(2016.07.14 08:00)

アグリバイオ最新情報【2016年6月】のハイライト
       ISAAA日本バイオテクノロジー情報センター(NBIC)の冨田房男代表

6月のハイライト

 遺伝子組換え(GM)作物を栽培できることによるメリットは非常に大きいが、それに関する具体的な2つの報告が出ている。いずれもPG Economics誌からの興味あるまとめである。

 その1つは、「GM作物の作付が可能な農家では、実際の経済的便益が明確であり、2014年には平均ヘクタール当たり100米ドル以上の収益が上がった」とPG Economics誌のGraham Brookes氏が述べた。報告のハイライトは次のようになる。

・GM作物は耕作地を増やさないで多くの収量を可能にした。同じ収量をあげるには農家は、2070万ヘクタール以上の耕作地が必要になる。
・バイオテクノロジーは、農家がより多くの収量を生み出す助けとなった。その結果、トウモロコシ3億2180万トン、ワタ2470万トンと、ダイズ1億5840万トンが世界での生産に加わったことになる。
・GM作物栽培によって耕起栽培と温室効果ガスを減らすことで、2014年に道路から1000万台の自動車を除いたのと同じ効果を上げた。

 もう1つは、「オーストラリアの遺伝子組換え(GM)作物の導入とその影響:20年の経験」が、CropLifeオーストラリアから発刊された。報告書は、この技術が最初に商業的に利用できるようになって以来、オーストラリアの多くの農家が作物バイオテクノロジーを導入し、その生産システムでそれを使用し続けている理由についての洞察を提供している。これは、遺伝子組換え作物の世界的な影響に関連する重要な知見で描かれており、農家レベルの経済的影響や農薬の使用と温室効果ガス(GHG)排出量に関連した環境への影響に焦点を当てている。

 オーストラリアは、新育種技術(NBTS)に対する対応も早い。以下のように既に対応がとられている。オーストラリアの農業バイオテクノロジー評議会(ABCA)は、植物や動物の育種におけるその重要性を認識して、新育種技術(NBTS)の規制監督上の原則を公表した。 ABCAは、新育種技術を伝統的な植物や動物の育種方法の革新的改善と考えている。声明によると新育種技術利用は、育種家が求める遺伝的変化を、これまでの方法よりも高い精度と効率でできることを指摘している。

 声明によると、NBTSを通じて開発した製品の規制監督は、必要があれば、健全な科学的原則に基づいて、リスクに比例する必要がある。NBTSを用いた開発製品の規制監督は、技術革新を促進し、民間部門と公共部門両方の育種家よって、高度な、革新的な育種への取り込みを可能にするように一貫性のあるものである必要がある。

 声明はまた、NBTSを使用して開発された製品の規制監督の明確性の欠如は、オーストラリア農業の革新と経済的利益を妨げることになると強調した。

 ゲノム編集技術の管理や規制について、米国の専門家(subject matter experts 、SME)を対象に調査した論文によると、米国の専門家らの意見は様々だが、何らかの規制や監督が必要であるとする意見は多い。これに対して、我が国でどのような判断になるのかが心配である。私見を述べれば、遺伝子組換えでもこれまでの突然変異でもDNAを変えることに代わりはない。リスクに基づいた規制管理が必要なことと考える。

世界
PG Economics誌が遺伝子組換え作物の世界的影響を報告
国際研究チームがピーナッツのゲノムを解析
G20閣僚会議:農業革新が極飢餓を終わらせる鍵と確認
バイオエネルギーで食料安全保障を支援できると国際研究チームが報告書

南北アメリカ
University of Florida、GM食品に関する消費者知識のギャップを報告
ゲノム編集の規制に対する米専門家の意見を調査

アジア・太平洋
オーストラリア農業バイオ評議会、新育種技術の規制監督の原則公表
GM作物が20年間にオーストラリアにもたらした利益に関する報告書

ヨーロッパ
感受性遺伝子の不活化により疫病抵抗性を獲得させたジャガイモを作製

遺伝子組換え作物以外の話題
新ポリオ対策のための植物ベースのワクチン生産の最先端

国際アグリバイオ事業団(ISAAA)アグリバイオ最新情報【2016年6月】
http://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/isaaa/16/07/12/00007/index.html

 毎月第2・第4木曜日に配信している日経バイオテクGreenInnovationメールに掲載している記者や専門家によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧