中央環境審議会自然環境部会遺伝子組換え生物等専門委員会がカルタヘナ法検討【GreenInnovation Vol.300】

(2016.01.28 18:00)
河田孝雄

 1カ月ぶりにGreenInnovationメールでお目にかかります、日経バイオテク編集の
河田孝雄です。早いもので2016年も最初の1カ月が次の日曜日で終わります。

 今回は、1月22日に経済産業省別館で行われた、中央環境審議会自然環境部会の遺伝子組換え生物等専門委員会の話題をお届けします。

 事務局は、環境省自然環境局です。カルタヘナ法の法施行後5年の検討以降の、カルタヘナ法の施行状況を検討しまして、「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)の施行状況の検討について」という題名の報告書とりまとめについて議論しました。「2月中にもこの報告書(案)をとりまとめて、パブリックコメント募集に進めていければ」と、環境省自然環境局外来生物対策室長の曽宮和夫さんはお話しでした。

 報告書(案)では、審査等に係るカルタヘナ法の運用改善や情報提供の実績の事例として、09年8月から2015年9月までに計26件をまとめました。関係する省は、農林水産省や環境省、文部科学省、財務省、厚生労働省、経済産業省の7省です。

 今回の専門委員会の委員は、次の11人です。委員長は、磯崎博司さんがおつとめです。1月22日の第2回専門委員会には、このうち柴田明穂さんの他の10人が出席しました。

 いろいろとおもしろい議論がありましたので、追って、記事とりまとめに反映してまいります。

明石博臣(専門委員)国立大学法人東京大学名誉教授
穴澤秀治(専門委員)一般財団法人バイオインダストリー協会先端技術・開発部長
○磯崎博司(専門委員)上智大学客員教授
伊藤元己(専門委員)国立大学法人東京大学大学院総合文化研究科教授
大澤 良(専門委員)国立大学法人筑波大学生命環境系教授
大塚 直(臨時委員)早稲田大学大学院法務研究科教授
鎌形洋一(専門委員)国立研究開発法人産業技術総合研究所生命工学領域研究戦略部長
五箇公一(専門委員)国立研究開発法人国立環境研究所生物・生態系環境研究センター
主席研究員
佐藤 忍(専門委員)国立大学法人筑波大学生命環境系教授
柴田明穂(臨時委員)国立大学法人神戸大学大学院国際協力研究科教授
山口照英(専門委員)日本薬科大学客員教授

 とりまとめる報告書では、COP12における合成生物学に関する決定を考慮した記載が、「科学的試験の集積に関する指摘事項」の中に盛り込まれました。COP12は、2014年10月に韓国で開催された生物多様性条約第12回締約国会議です。

 複数の委員から、定義も明確ではない合成生物学への考慮よりも、緊急の対策が必要なゲノム編集やNPBT(新しい植物育種技術)に配慮した記載が必要という意見が出され、報告書の盛り込まれる方向になりました。

 農林水産省農林水産技術会議事務局研究企画課技術安全室長の鈴木富男さんが、2014年9月にとりまとめた「新たな育種技術研究会報告書」の概要を、説明しました。

 1月22日には、カルタヘナ法説明会が都内で開かれまして、経済産業省や文部科学省、厚生労働省、製品評価技術基盤機構の担当者が説明を行いました。カルタヘナ法では、生物個体(ヒトを除く)が対象であり、生物個体ではない培養細胞などは規制の対象外なのですが、この基本といえる点についての質問も、フロアからありました。

 ゲノム編集の最近の話題として、20万塩基をノックインできるCRISPR技術について、京都大学が特許を出願しました。記事をご覧ください。

※日経バイオテクの関連記事
 農水省の鈴木さんには、新春展望のご寄稿をいただきました。

[2016-1-20]
阪大と遺伝研などが200kbpをノックインできるゲノム編集技術
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/01/20/00085/

[2016-1-1]
新春展望、鈴木富男=農林水産省農林水産技術会議事務局技術安全室長、
ゲノム編集技術などバイテクの社会調和の年へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/shinshun/15/12/31/00012/

[2015-10-26]
日経バイオテク10月26日号「特集」、ゲノム編集育種の実用化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20151026/188137/

[2015-9-11]
農水省農林水産技術会議、新たな育種技術研究会の報告書を公表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150911/187342/

                 日経BP社
                 日経バイオテク編集
                 河田孝雄

 毎月第2・第4木曜日に配信している日経バイオテクGreenInnovationメールに掲載している記者や専門家によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧