【機能性食品 Vol.346】

AI管理栄養士の「カラダかわるNavi」を味の素が導入、ハウス乳酸菌70億円、雪印ガセリ菌SP株1.5倍

(2018.08.03 10:30)
河田孝雄
画像のクリックで拡大表示

 まずは、定例の保健機能食品のアップデイト情報です。

 機能性表示食品は、この1週間では、2018年7月27日(金)に1件(届出番号:D30)、7月31日(火)に3件(届出番号:D31からD33まで)の届出情報を消費者庁が公表しました。有効な届出件数は1350件程度かと思います。
 7月31日に公表されたヤクルトヘルスフーズ(大分県豊後高田市)の3件目の届け出が興味深かったので、記事にとりまとめました。

 ファーマフーズのファーマギャバ素材の売上高は、2018年7月期は前期比36%増で推移しているようです。2017年7月期に6億4700万円でした。

(2018.8.1)
ヤクルトがストレス疲労対策の機能性表示GABAサプリ
ファーマフーズの乳酸菌GABA素材を採用
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/07/31/04550/

 今回のメールではまず、8月1日に開催された味の素メディア懇談会の話題を紹介します。テーマは「味の素流か『健康経営』について-『こころとからだの健康』の実現に向けて-」でした。

 2017年から健康経営銘柄に認定されている味の素は、2018年4月に「味の素グループ健康宣言」を制定して、健康白書を発行しました。メディア懇談会の後半は、京橋の味の素本社ビルの12階にある社員食堂にて、ヘルシーメニューの試食会が行われました。社員食堂は価格が安いのですね。ライス(ふつう:150g)はなんと「42円」でした。

 その味の素では今月(2018年8月)から、リンクアンドコミュニケーション(東京・新宿)が提供する健康アドバイスアプリ「カラダわかるNavi」を導入しました。

 スマホで日々の食事や運動記録などを入力すると、カロリー計算や栄養バランス等の評価が行われて、食事の改善点や次の食事の提案など3000万通り以上のアドバイスがタイムラインで自動提供されるとのことです。

 メディア懇談会では、リンクアンドコミュニケーションの事業開発マネージャーで管理栄養士/公衆衛生学修士(MPH)である佐々木由樹さんが、カラダかわるNaviを説明しました。AI管理栄養士が健康管理をサポートするアプリです。

 特におもしろいと思ったのは、食事画像自動認識AIです。食事写真からまず料理領域を推定し、次いでメニューを認識(約250種類)し、さらに食材の自動認識や食事量の自動認識が行われます。リンクアンドコミュニケーションがソニーネットワークコミュニケーションズと共同開発した日本初の新技術を用いているとのことです。

 食事量の自動認識では、箸やスプーン等のカトラリー(食卓用のナイフ、フォーク、スプーンなどの総称)を目安にして、量を推定します。AIの進歩は著しいので、精度がどんどん向上しそうですね。

 味の素は社員食堂で2018年4月からヘルシーメニューを強化するとともに、機能性表示食品の睡眠サポートサプリメント「グリナ」を活用した睡眠改善プログラムの実施により、睡眠の重要性を啓発しています。さらに、血液中のアミノ酸濃度バランスから健康リスクを評価する「アミノインデックスリスクスクリーニング(AIRS)」等をグループ会社へも展開しているとのことです。

 昨日(8月2日)は、ハウス食品の乳酸菌事業と、雪印メグミルクの新商品発表会に参加しました。

 ハウス食品グループのハウスウェルネスフーズは、2021年3月期に、乳酸菌事業を年70億円に拡大する計画です。2018年3月期に3億円から4億円だったのに比べると20倍の規模を目指します。

 ハウスの独自素材である「HK L-137」の最初の商品化は05年。歯科ルート向けのサプリメントでした。

 1週間前のこの機能性メールでもちょうど、口腔内ケア機能の乳酸菌について紹介したところでした。

(2018.7.27)
【機能性食品 Vol.345】
口腔内ケア機能ヨーグルトで四国乳業がオハヨー乳業に続く
乳酸菌のゲノム編集に新展開
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/foodmail/18/07/27/00162/

 雪印は、2019年3月期に、ガセリ菌SP株ヨーグルト商品群で前期比1.5倍の販売金額を目指しています。「ガセリ菌SP株が内臓脂肪を減らす」と表示する機能性表示食品で2018年秋に新製品を加えます。2018年3月下旬からは、「内臓脂肪を減らすのを助ける」と表示する特定保健用食品が加わりました。

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧