画像のクリックで拡大表示

 まずは、定例の保健機能食品のアップデイト情報です。

 機能性表示食品については、この1週間では、2018年7月18日(水)に1件(届出番号:D26)の届出情報を消費者庁が公表しました。有効な届出件数は1345件程度かと思います。機能性関与成分の新規などは、この1週間ではありませんでした。

 今回のメールでは、7月17日に消費者庁が消費者委員会に諮問した、特定保健用食品の表示許可について紹介します。消費者委員会の新開発食品調査部会新開発食品評価第一調査会において、審査手続が開始されることになりました。

(2018.7.18)
明治が10数年ぶりの新トクホへ、AlaとArg、Pheで体脂肪対策
アミノ酸研究の深耕で発見した「D-V.A.A.M.」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/07/18/04494/

 AlaとArg、Pheは、運動前摂取が脂肪分解・燃焼に効果的であることを、立命館大学スポーツ健康科学部との共同研究により見いだした独自配合のアミノ酸素材「D-V.A.A.M.」の主要成分。明治は2014年春の日本農芸化学会大会でこの成果を発表しました。

 明治はスズメバチ栄養液アミノ酸混合物である17種のアミノ酸の混合物素材であるV.A.A.M.について1991年に理化学研究所と共同研究を開始し、95年にエナジーシフト飲料「VAAM(ヴァーム)」として発売しました。V.A.A.M.に比べ、AlaやArg、Pheは血漿中グリセロール濃度が高く、高い脂肪分解促進を発揮することを見いだしたとのことです。

 先週金曜日(7月13日)と土曜日に取材した東京農業大学の世田谷キャンパスの日本乳酸菌学会2018年度大会には、300人を超える参加者が集まりました。大会事務局では200人程度を想定していたそうで、見込みを大幅に上回る盛会だったようです。乳酸菌やビフィズス菌の菌株名に注目した記事とりまとめを進めております。

(2018.7.19)
乳酸菌学会で東農大に300人超、森乳や明治、雪印など発表
2019年度大会は7月12日からJR岐阜駅前で開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/07/19/04496/

 200億円で八王子に新研究所を開設した明治では、2017年10月に乳酸菌研究所が設立されました。英名は、Food Microbiology Research Laboratoriesです。PubMed検索でも確認できます。おもしろいですね。