【機能性食品 Vol.309】

花王の初の機能性表示食品は、歩行能力維持スフィンゴミエリンの「リファイン」

生物科学研究所のオープンアクセス論文4報、作用機序資料は充実の26ページ
(2017.10.27 07:30)
河田孝雄
画像のクリックで拡大表示

 恒例の機能性表示食品のアップデイトをお知らせします。この1週間では2017年10月20日(金)と10月25日(水)の2回、更新がありました。2017年度のCシリーズは、C216までの届け出受理が公表されました。撤回が増えていなければ、有効な届け出件数の総数は、1097件になったと計算できます。

 今回増えた15件の中で注目は、花王は2017年9月5日付で届け出たサプリメント「リファインMFGM」(届出番号:C215)です。「本品は、乳由来スフィンゴミエリンを含む。50代以上の方が、ウォーキングなどの運動と併用することで、加齢によって衰える、踏み出す、止まるといった、足の動きをサポートして、歩行能力の維持に役立つ」旨の機能性表示の届け出が受理されました。

 花王のこのサプリメントは、2016年秋から試験販売が始まり、2017年2月からは全国のイオンの一部店舗で販売が開始されました。1日分200円程度です。

 リファインという商品名は、花王のお蔵入りのトクホにもあります。02年9月30日にトクホ表示許可になった果実飲料「リファインお腹コンディション」です。関与成分は、「低分子化アルギン酸ナトリウム」と「水溶性コーンファイバー」で、トクホ許可表示のキーワードは「便性を良好に保ちながら、自然なお通じへと導く」です。

 この花王の初の機能性表示食品の届け出で、おもしろいと思った筆頭は、「作用機序に関する説明資料」が26ページもあって、通常は機能性表示のエビデンスの主役であるヒト試験(臨床試験)に関する説明資料の18ページを上回っていることです。

 1000件を超える届け出全てを調べてみたい(人工知能に任せたい作業です)のですが、これまでの体験からすると、このようなケースはおそらく初めてでは、と思います。

 2番目に指摘したいのは、花王の生物科学研究所が論文発表した4報のオープンアクセス論文が届け出されたことです。機能性表示の根拠となるヒト試験の論文が2報と、作用機序の根拠となる論文が2報です。

 3つめにお伝えしておきたいのは、「健康被害の情報収集体制」の記載です。「連絡対応日時」は24時間対応と記載されていますが、その上に記載されている花王生活者コミュニケーションセンター消費者相談室の電話番号(0120から始まる)に電話したところ、9時から17時までと言われました。緊急対応電話番号のメッセージも聞きました。
 
 販売開始予定日は「2017年11月15日」と記載されています。イオンで販売中の商品が、機能性表示食品の表示を追加して、いつデビューするのか、楽しみです。

 お茶、コーヒー、柑橘、牛乳、玄米などなど。花王は日本人が食経験豊富な身近な食品の成分に着目して、健康機能性を訴求する食品の事業化を進めています。食品の機能性研究の王道と、当方では考えております。事業化のための特許戦略すごいです。

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧