【機能性食品 Vol.269】

機能性表示食品の届け出が600件突破、ω3はやっぱり凄い

富士フイルムがアスタキサンチンで「抗酸化」表示
(2017.01.06 08:00)
河田孝雄

 まずは恒例の機能性表示食品の届け出受理の公表のアップデイトから。この2週間では、2016年12月27日(火)と翌28日(水)に更新がありまして、2016年度のBシリーズが299件になりました。制度の初年度である2015年度の302件(総数310件から、撤回の8件を除いた件数です)との合計では、601件になりました。

 制度開始から1年と9カ月で600件突破です。このペースで増えていくと、2017年中にも1000件に到達するかもしれませんね。

 前回メール以降で追加された13件のうちで注目は、富士フイルムのアスタキサンチンです。「抗酸化」というキーワードを表示する機能性表示食品の届け出は、サントリーウエルネスの「サントリー セサミンEX」(届出番号A246、届出日:2016年3月8日)に次いで2番目です。機能性表示食品の表示を実施したセサミンEXはまだ確認していないので、「抗酸化」を表示した商品として市販されるのは、富士フイルムの商品が初めてになるかもしれません。富士フイルムの届け出資料を読んでいったところ、「謝辞」の記載にて、東北大学教授の宮澤陽夫さんのお名前を見つけまして、なるほどと納得しました。抗酸化の研究レビュー作成にあたり、「中立な立場で、アスタキサンチンの抗酸化メカニズムの考察に関して数々の助言をいただいた」という旨が記載されています。
(2017.01.05)
機能性表示食品「抗酸化」2番手は富士フイルムのアスタキサンチン
サントリーのセサミンに続く、届出件数総数は600超に
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/17/01/04/02111/?n_cid=nbpbto_mled_fd

 富士フイルムは、機能性関与成分であるアスタキサンチンに関する研究レビューの結果を踏まえ、「アスタキサンチンは、抗酸化作用により、血中脂質の酸化を抑制する機能性が報告されている」と「アスタキサンチンは、肌の潤いを守るのを助ける機能性が報告されている」の2つの機能性を表示ます。「機能性の科学的根拠」として届け出たPDF資料は64ページ構成。前半の抗酸化に32ページ、後半の肌に32ページを割いています。研究レビューで最終的に採用した論文は、前半の抗酸化が3報で、後半の肌が2報。研究レビュー資料の作成日は2016年10月27日でした。「作用機序に関する説明資料」は2ページで、書籍1冊と論文3報を引用しています。

 600件を超えたので、改めていろいろと分析してみたのですが、ω3は凄いと、改めて感じました。

 日本水産が「EPA・DHA」を機能性関与成分とするサプリメント「プレミアム海の元気  DHA EPA含有」(届出番号:B262、届出日:2016年10月20日)という商品について、「EPA・DHAには、中高年の方の加齢に伴い低下する、認知機能の一部である記憶力、注意力、判断力、空間認識力を維持することが報告されている」という旨の届け出をしていました。販売開始予定日は「2016年12月19日」と記載されていますが、まだ発売されていません。発売などに関するプレスリリースも出ていません。

 凄いと思ったのは、このサプリメントの1日摂取目安量が、EPA43mgとDHA391mgであることです。

 「認知機能」をキーワードとするω3の機能性表示食品としては、マルハニチロのサプリメント「海からDHA」(届出番号:A229、届出日:2016年2月25日)などが先に有名です。「DHAには認知機能の一部である、数・ことば・図形・状況などの情報の記憶をサポートする機能があることが報告されている」という旨の機能性表示を、マルハニチロは届け出ました。

 その1日摂取目安量は、DHA880mgなのですね。

 日本水産のω3は、EPAを1割ほど含みますので、機能性関与成分がDHAのみのマルハニチロとは単純な比較はできませんが、ざっくりと比較しますと、ω3の1日目安量は、日本水産が434mgで、マルハニチロが880mgですので、日本水産がマルハニチロの半分なのです。これは驚きです。

 ω3の健康機能の凄さについては、日経バイオテク2016年10月10日号の特集記事「進化を迫られる食品の機能性表示」でも、マルハニチロの取り組みなどを紹介しました。その後、日本水産が届け出た内容を今回拝見しまして、改めて“ω3はやっぱり凄い”と思ったわけです。

(2016.10.10)特集
進化を迫られる食品の機能性表示
機能性表示食品は有力素材出そろう、25年前からのトクホと調整必至
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082400016/100500006/?n_cid=nbpbto_mled_fd

 不二製油グループ本社が、2017年度から事業化する安定化DHA・EPA素材の期待値も、さらに高まるというものです。

(2016.06.15)
不二製油、安定化DHA・EPA素材を世界で初めて来年事業化
主原料は藻類、ビタミンCとポリフェノールで魚臭も防ぐ
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/06/15/00926/?n_cid=nbpbto_mled_fd

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧