【機能性食品 Vol.267】

順天堂大医の機能性食品医用学会に250人

機能性表示食品577件、トクホは6品目追加後で1224品目に
(2016.12.16 08:00)
河田孝雄
歴代総理の書「国酒」レプリカ
東広島市の酒類総合研究所にて
画像のクリックで拡大表示

 昨日から広島におりますが、昨日はこの冬の初雪を観測したそうです。

 東広島市にある独立行政法人酒類総合研究所では理事長の後藤奈美さんら、賀茂鶴酒造では取締役副社長製造本部長の荒巻功さんらのお話しをうかがうことができました。バイオテクノロジーの中核学会である日本農芸化学会の活動の一環で、貴重な見学機会にも恵まれました。

 まずは恒例の機能性表示食品の届け出受理の公表のアップデイトから。今週は月曜日(2016年12月12日)、火曜日(12月13日)、水曜日(12月14日)、木曜日(12月15日)と連日更新がありまして、2016年度のBシリーズが275件になりました。ここ1週間で18件増えたようです。制度の初年度である2015年度の302件(310件から、撤回の8件を除いた件数です)との合計では、577件になったかと思います。日本水産の届け出などが目立ちますが、新規の機能性関与成分は無いようです。

 今週は特定保健用食品(トクホ)の表示許可の情報更新もありまして、12月14日に新たに6品目が許可になり、トクホの累計は1224品目(許可1223品目+承認1品目)になりました。11月14日の13品目許可時点では1253品目でしたので、1253+6-1224の35品目が取り下げになったと計算できます。

 機能性食品の成果発表では、先週金曜日(12月9日)に都内で開かれた糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会第8回研究発表会を取材しました。関連記事とりまとめ中です。

 次いで、12月10日(土)と11日(日)に順天堂大学医学部で開かれた第14回日本機能性食品医用学会を取材しました。250人ほどが参加したとのことです。

※日本機能性食品医用学会 新ウェブサイト
http://www.jsmuff.com/new/wordpress/

 土曜日に開かれたシンポジウム「機能性表示食品制度の検証と今後の展望」における議論など記事とりまとめ進めております。このうち、2016年4月から食品の機能性に関する特許も認めるように運用が変わった日本の特許制度の講演内容は、特に新鮮でした。

※同シンポジウムの登壇者と講演タイトル

阿南 久氏(一般社団法人消費者市民社会をつくる会)
「信頼される機能性表示食品制度にしていくために!-企業と消費者、専門家の“対話”と“協働”の推進-」
関口洋一氏(健康食品産業協議会)
「機能性表示食品制度の課題と健康食品産業協議会の取組」

鈴木音哉氏(特許業務法人 津国)
「機能性食品に関する特許の現状と問題点-運用変更を受けて-」

 機能性食品では、人気の乳酸菌とチョコレートに関連する記事を今週、掲載しました。フリーランスの松岡真理さんのレポートです。

(2016.12.12)
マザーレンカ、森乳シールド乳酸菌配合の機能性チョコスナックを新発売
インフルエンザ対策も訴求、砂糖ゼロで大豆粉プラス
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/12/10/02013/?n_cid=nbpbto_mled_fd

 このほか今週の掲載記事では、大阪大学における新組織や論文発表成果の記事も、ご覧いただきたいです。

(2016.12.15)
阪大医にゲノム編集センター、「大きく医療が変わると期待」と澤研究科長
真下副センター長は、loxPを高効率で挿入できるCLICK法も紹介
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/12/15/02040/?n_cid=nbpbto_mled_fd

(2016.12.15)
阪大の永井健治教授ら、明るい5色の発光蛋白質で細胞内の微細構造を同時計測
「阪大の専売特許」の1分子検出も、「木を見て森も見れるドローンの威力」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/12/14/02039/?n_cid=nbpbto_mled_fd

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧