【機能性食品 Vol.252】

植物細胞分子生物学会が上田市で開幕、伊藤園がガレート型カテキンで機能性表示

(2016.09.02 13:00)
河田孝雄
画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【日経バイオテク/機能性食品メール】
    【2016.9.2 Vol.252】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。

 昨日から、長野県上田市の信州大学繊維学部で開催されている第34回日本植物細胞分子細胞学会大会を取材しております。まだ会期途中ですが、400人近くの参加が見込まれているとのことです。

 昨日木曜日(2016年9月1日)には、午前中にシンポジウム1「難培養植物への挑戦と新たな形質転換系の開発に向けて」が、午後にはシンポジム2「非モデル植物におけるゲノム解析とゲノム情報の利用」が開かれました。

 明日土曜日(9月3日)は、午前中に学会本部企画シンポジウム1「ゲノム編集技術を植物バイオ研究/育種にどのように適用させるか」が、午後に学会本部・大会合同企画市民公開シンポジウム「信州の食と健康を考える~植物に含まれる機能性成分の正しい理解を目指して~」が開催されます。

 関連する記事として、弘前大学の取り組みを報道しました。

[2016-9-1]
弘前大、接ぎ木で人工RNAを供給するエピジェネ育種ジャガイモを発表
カルタヘナ第一種に準じた扱いで隔離圃場試験へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/08/31/01431/

 この弘前大の革新技術の概要について、7カ月前に報じた記事も示しておきます。

[2016-2-4]
弘前大、siRNA供与穂木でジャガイモをエピゲノム編集
新世代の接ぎ木技術でアクリルアミド対策も
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/02/04/00167/

 ジャガイモのゲノム編集育種については、先週の名古屋の学会のシンポジウムで講演があり、今週の上田の学会でも複数の発表がありました。

[2016-8-12]
食品科学工学会、8月末の公開シンポで「ゲノム編集」
農研機構と阪大、名大が講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/08/12/01331/

[2016-7-27]
理研CSRSと阪大、神戸大など、ジャガイモの有毒物質の抑制で萌芽を制御
内閣府SIPでゲノム編集育種に取り組む
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/07/26/01236/

[2016-7-28]
内閣府SIP次世代農林水産業の西尾PDが交代、
ゲノム編集で「ヌルセグレガント」【GreenInnovation Vol.312】
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/greenmail/16/07/27/00014/

 なお、内閣府のSIPでPDが交代するのは西尾さんが2人目です。内閣府のImPACTではプログラムマネージャー(PM)の交代はまだありません。

[2016-8-31]
内閣府ImPACTの第1回メディア向け情報発信会
合田圭介PMらがミドリムシのトピック3つを紹介
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/08/31/01422/

 さて、機能性表示食品の届け出受理の状況についてもアップデイトします。

 ここ1週間で13件の追加公表がありまして、2016年度のBシリーズは、109件になりました。2015年度のAシリーズ310件と合計すると、419件になりました。ただし、Aシリーズのうち7件は撤回されているので、実質は412件ですね。

 この中から伊藤園の記事をまとめました。

[2016-9-1]
伊藤園、「ガレート型カテキン」の機能性表示食品を届け出
トクホ13品目実績の独自素材を機能性にも展開
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/09/01/01434/

 また今週、2017年度予算の概算要求が閣議決定されましたので、農林水産省の予算概算要求について2つ報道しました。

[2016-9-1]
農水省の概算要求、知の集積で27億円、重点委託研究で52億円
8月31日15時50分に2017年度予算概算要求の骨子を公表
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/08/31/01427/

[2016-9-1]
農水省、2017年度から“蚕業革命”による新産業創出へ
52億円要求の重点的委託研究イノベーションで例示
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/08/31/01433/

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧