【機能性食品 Vol.236】

機能性表示食品が300件突破して308件に、特定保健用食品は1251品目に

(2016.05.06 18:00)
河田孝雄
画像のクリックで拡大表示
画像のクリックで拡大表示

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【日経バイオテク/機能性食品メール】
     【2016.5.6 Vol.236】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。先週は祭日でお休みをいただきましたので、2週間ぶりのメールです。

 まずは機能性表示食品の届け出件数が合計300件を超えたことを紹介します。ここ2週間では、先々週の金曜日(2016年4月22日)に8件受理が公表されて計304件になり、次いで先週水曜日(4月27日)に4件が追加され、計308件になりました。

 この中で記事にまとめたのは、大正製薬のヒハツと、伊藤園のショウガです。

[2016-4-26]
機能性表示食品に血圧対策のヒハツと体温維持のショウガ
販売開始予定は大正製薬が8月1日、伊藤園は9月5日
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/04/25/00619/

 一方、トクホの方は先週木曜日(4月28日)に8品目が承認になり、合計1251品目になりました。内訳は、日本国内製造が対象の許可が1250品目と、海外からの輸入品が対象の承認が1品目です。

 それから最近は、腸内菌叢などマイクロバイオームの記事をとりまとめました。日経バイオテクの特集記事をはじめ、ご覧いただければと思います。

[2016-4-25]
日経バイオテク4月25日号「特集」、腸内菌叢を標的とする創薬・治療法開発
製薬企業が創薬応用に熱い視線、AMEDが日本の強みを支援
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/theme/16/04/20/00015/

[2016-4-26]
【菌叢特集連動】、早大のマイメタゲノム始動、まずはペットに注力
メタ16Sでイヌ1000匹の腸内菌叢DBを構築へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/04/26/00622/

[2016-4-27]
【菌叢特集連動2】、東大発ベンチャーTAK Circulator、皮膚菌叢事業が拡大
「黒字になった」と社外取締役の白髭克彦・東大教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/04/27/00631/

[2016-4-26]
阪大など、Tregが大腸癌の進行に関与
腸内菌叢の制御で大腸癌対策へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/16/04/25/00614/

 最後に、来週金曜日(5月13日)から3日間、神戸市と西宮市で開かれる日本栄養・食糧学会の第70回大会の話題をお届けします。

 先週月曜日(4月25日)に都内で記者向け説明会がありまして、一般講演トピックス集や要旨集が公開になりました。まずは企業関連を中心に注目発表のピックアップを進めました。一覧にした記事をまとめようと思っていたのですが、予想を上回る演題数でして、個別に記事とりまとめを進めております。

 第70回大会の会頭は、大阪府立大学地域連携機構生物資源開発センター名誉教授・客員教授の中野長久(よしひさ)さんがおつとめです。2000人を超える参加者が見込まれるとのことです。現地にて取材する予定です。メール読者の皆様にもお目にかかれればと思います。

 原則毎週金曜日に配信している日経バイオテク機能性食品メールに掲載している記者によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧