産学連携の推進へ、わだかまりを残すべきではない

京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏(ノーベル生理学・医学賞の受賞決定を受けた2018年10月の記者会見で撮影)

記事に戻る