【日経バイオテクONLINE Vol.3065】

大好評の再生・細胞医療の連載

(2018.12.12 11:30)
橋本宗明

 皆様、こんにちは。日経バイオテク編集長の橋本宗明です。

 日経バイオテク編集部では12月17日に日経バイオ年鑑2019を発行します。また、日経バイオ年鑑2019のONLINE版も18日に公開するべく準備を進めているところです。今年のバイオ年鑑も、医薬品売上高ランキングや製薬企業の売上収益ランキング、製薬企業の決算動向などのデータ集的な要素を充実させました。また、医薬・診断・医療機器、化成品・環境、食品・農業・畜産・水産などの各項目についても、例年同様「この1年に何があったのか」に焦点を当てつつ解説しています。ちなみに、日経バイオ年鑑2019では、2018年の国内のバイオ製品・サービス市場の市場規模は、2017年と比較して3.7%増の3兆6725億円と推定しています。日本のバイオ市場は着実に拡大しているわけです。ではどのような分野が伸びているのか。ぜひ日経バイオ年鑑2019でお読みください。日経バイオテクONLINEや法人版を契約いただいている方は、18日になれば「データベース」のコーナーでお読みいただけます。ご契約のない方は、14日までが日経バイオ年鑑2019を予約特価で少しお得にご購入いただくチャンスです。ぜひこの機会にご検討ください。

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/info/books/181217/

 11月14日から全6回の連載で「再生・細胞医療 産業化に向けた道標」という記事を体裁しています。コンサルタント会社であるアーサー・ディ・リトル・ジャパンでヘルスケア、ライフサイエンス分野を担当する花村遼氏と塩原梓氏に連名で執筆いただいているもので、同社が経済産業省からの委託を受けて作成した「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (「根本治療の実現」に向けた適切な支援のあり方の調査)報告書」がベースになっています。

http://www.data.go.jp/data/dataset/meti_20180907_0268

 その第2回「根本治療を見据えた疾患×モダリティの『勝ち筋』」を昨日日経バイオテクONLINEに掲載したので、ぜひお読みください。第1回もそうでしたが、第2回の今回も非常に好評で、昨日の閲覧ランキングで第1位になっています(ちなみに、第1回は月間ランキングで1位です)。

 今回の内容は、再生・細胞医療と、その競合となる可能性のある遺伝子治療、臓器移植、人工臓器、外科手術、その他既存の医薬品や医療機器と比較して、どういう対象疾患を、どういうタイプの再生・細胞医療で狙えば競合技術に対して優位性があるのかを分析しています。再生・細胞医療も、パラクライン効果により有効性を示すタイプのものや、組織に生着して有効性を示すタイプ、スキャホールドを用いるものなどに場合分けして検討しているので、再生医療の戦略を考える上で十分手掛かりになるものといえそうです。

 もちろん、再生・細胞医療の分野ではまだまだ成功例は数少ないですし、そのビジネスモデルも工夫の余地があるので、「このタイプはこうだ」と定型化して議論をすると「ちょっと違うのでは」と思う部分が出てくるかもしれません。ただ、事業のどこに工夫の余地があるかや、他企業との連携、分業などによる事業化を考えていく上では、ある程度事業の形を定型化すると考えやすくなるように思います。

 日経バイオテク本誌では12月3日号の特集で再生医療向けの細胞の受託製造ビジネスを取り上げました。

再生医療向けの細胞の受託製造
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/082400016/112800069/

 再生医療ビジネスが実際に幾つか動き出して、物流なども含めて事業化を推進していくのに必要な機能がある程度見えてきたこの段階で、コンサルタントの方なども交えながらそのビジネスがスムーズに進むスキームを考えていくのは有用な気がします。来年春ぐらいまでかけて連載を掲載していく予定ですので、どうぞご期待ください。

 バイオ研究者やバイオ産業に携わる方、約5万人に向けて月曜から金曜まで週5回配信している日経バイオテクONLINEメールに、水曜日と金曜日に掲載している記者によるコラムを掲載します。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧