【日経バイオテクONLINE Vol.2911】

武田薬品の旧湘南研究所内の変貌

(2018.04.25 08:00)
高橋厚妃

 みなさんこんにちは、日経バイオテクの高橋厚妃です。先日2018年4月13日に、武田薬品工業の旧湘南研究所である「湘南ヘルスイノベーションパーク(略称:湘南アイパーク)」の開所式に参加しました。
武田薬品の旧湘南研究所、19の企業や研究機関が入居
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/04/17/04135/

武田Weber社長、「湘南アイパークには製薬企業が入居するのも歓迎」
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/18/04/23/04175/

 「湘南ヘルスイノベーションパーク構想」が公表されたのは、2017年10月のBioJapan2017でした。その際、同社の平手晴彦コーポレート・オフィサーに、具体的な取り組み内容について取材をしました。私がそこで衝撃的だと思ったのが、「湘南研究所の表札を外して、湘南ヘルスイノベーションパークという表札にする予定だ」というもの。もし私が武田薬品の研究者だったら、「アイデンティティーを失うようで、なんだか寂しい気持ちになりそうだ」と思ったのを覚えています。しかし、その後数名の武田薬品の関係者の方とお会いする機会がありましたが、旧湘南研究所を外部に開放する件については、むしろ好意的に捉えている方が多かったです。それに、積極的に外部のアカデミアや企業を呼び込もうという姿勢を感じました。

 開所式の当日に、湘南アイパーク内を見学しました。以前、旧湘南研究所に何度か伺ったことがありましたが、湘南アイパーク内の変化に驚きました。以前は、殺風景な長い廊下が続いていたのが、畳(冬にはこたつも利用可)のラウンジスペースができたり、ビリヤードコーナーが新設されていました。ビリヤードコーナーの壁には、研究成果を発表したポスターが貼られており、近くにはソファもあったりして、議論ができるようになっていました。他にも、通称「ビーチ」と呼ばれている海辺のテラスのようなコミュニケーションスペースが設置されていました(ハンモックもある)。

 また、湘南アイパークはかなり広く、建物が複数のブロックに分かれおり、慣れない人は容易に迷子になってしまいそうなのですが、湘南アイパークになった後は、ブロックごとにテーマカラーが設定され、地図上で自分がいる現在地が分かりやすくなっていました。

 湘南アイパークの建物の内部を見学した結果、そこに集まる人々のコミュニケーションを促そうという仕組みが整っていることが分かりました。ただし、知らない人たちが偶然その「場」に集っても、コミュニケーションが生まれるのは難しいでしょう。入居者同士が、知り合いになるイベントや工夫が必要かもしれません。今後、ここからどのようなイノベーションが生まれるか楽しみにしたいと思います。

 バイオ研究者やバイオ産業に携わる方、約5万人に向けて月曜から金曜まで週5回配信している日経バイオテクONLINEメールに、水曜日と金曜日に掲載している記者によるコラムを掲載します。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧