【日経バイオテクONLINE Vol.2749】

医療機器やデジタルヘルスに関する新連載を始めました!

(2017.08.25 08:00)

 おはようございます。日経バイオテクの山崎です。

 日経バイオテクONLINEでは、今週から「医療機器市場最前線」という医療機器やデジタルヘルスに関するニュースと市場を解説する新コラムを開設、既に2本の原稿を公開しています。

(2017.08.23)
米Siemens Healthineers社、米Epocal社買収へ、血液ガスPOC検査市場は「ハンドヘルド」に注目
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/081800020/082200004/

(2017.08.24)
米Foundation Medicine社、2017年第2四半期の検査件数は前期比55%増、売上高は24%増
https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/081800020/082300005/

 製薬業界を見ても、窪田製薬ホールディングスが在宅眼科医療機器ソリューションの開発を公表したり、杏林製薬が超高速遺伝子定量装置の開発を手掛けるジェイタス(大阪市東成区、古市丈治社長)を買収するなどの動きがありますし、製薬各社が注目するデジタルヘルスの領域も医療機器に分類されるものが多くあります。

 これまで、創薬をメーンで情報を提供してくる中で、医療機器について必ずしも十分な情報を発信できていませんでした。まずはニュース解説という形で読者の方々に情報を発信していきたいと思います。

 ちなみに執筆を手掛ける星良孝氏は、日経バイオテクのOB。多くの記事を発信してきたベテラン記者です。今後、ご期待ください。

 バイオ研究者やバイオ産業に携わる方、約5万人に向けて月曜から金曜まで週5回配信している日経バイオテクONLINEメールに、水曜日と金曜日に掲載している記者によるコラムを掲載します。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧