ペットとして飼われていた犬を医学研究に使う話【日経バイオテクONLINE Vol.2496】

(2016.08.03 08:00)
小崎丈太郎

 ドラッグラグは臨床試験スタートの遅れ、とりわけ最初にヒトに投与するfirst in humanの段階の遅れが大きく響いていました。そうした反省からfirst in humanに特化した組織が国立がん研究センターに設置されました。

 当然ですが、最初にヒトに新薬候補の化合物を投与することは、慎重でなければなりません。必然的にその前段階である動物試験の質も問われることになります。
 この動物に、研究所で飼育されている実験動物とともに一般家庭でペットとして飼育されてきて病気になった犬を利用する動きが出てきました。

 栄養状態の改善や有効な駆虫剤や混合ワクチンが普及した結果、一般家庭で飼育されている犬の寿命は飛躍的に延びています。一方で人間と同様に加齢に伴って病気を持ちながら生きる犬も珍しくなくなってきました。病気になりながら生きる老犬が増えているということです。

 この“疾患ペット犬”を医学研究に使うメリットは2つあります。
1つは人工的に作られた実験動物ではない、いわば自然なプロセスを経て発病した動物モデルであるために実際のヒトの病気を治療した結果を再現しやすいというものです。免疫抑制状態にして株化した癌細胞を移植して作った担癌動物を自然発癌したヒトのモデルとすることには限界があります。自然発癌した犬ではこの限界を超えられるかもしれません。

 ヒトではごく稀にしか発病せず十分な研究ができないという病気でも、犬では珍しくないというケースがあります。2つめのメリットはその病気の研究材料として犬を活用するというものです。例えば肉腫はヒトでは珍しい悪性腫瘍ですが、犬ではとても多い病気です。米国で行われたCOTC003 試験は犬の骨肉腫に対するラパマイシン(mTOR阻害薬)の有効性を評価した試験です。このときヒトでも同様の試験が進行中でしたが、ヒトよりも短期間でフェーズI/IIの結果が出たため、そのデータがヒトのデータと統合されています。

 農林水産省は2010年に出した通知で、しかるべき倫理委員会に諮問して了解を得ること、飼い主の同意を得ることの2点を条件にペット犬を医学研究に用いることを認めています。医薬品医療機器総合機構(PMDA)でも新薬開発プロセスにおいて得られたペット犬のデータをどのように評価すべきかの検討を開始しています。 

 制約もあります。研究が終わっても犬を殺して病理解剖することなどできません。飼い主が見ているのですから。でも逆に動物愛護団体からにらまれないのですから、それはかえって好都合なことかもしれません。
遺伝的に均一な集団を作って統計解析に必要な個体数を登録して無作為化比較試験を行う――これも難しいでしょう。

 「ペット犬のデータをどこまでヒトのために使うことができるのか」は「ペット犬の病気とヒトの病気はどこまで同じなのか」を問うことであり、さらにいえば「ペット犬とヒトはどこまで同じなのか」という問いかけでもあります。それはゲノムやプロテオームやメタボロームなどの方法を動員して科学的に追究されてしかるべきテーマかと思われます。そもそもペット犬の癌はどのような遺伝子プロファイルを持っているのでしょうか。

 課題はあるものの、ペット犬たちが人間社会にとって新しい意味でのコンパニオンとなることが期待されています。

 バイオ研究者やバイオ産業に携わる方、約5万人に向けて月曜から金曜まで週5回配信している日経バイオテクONLINEメールに、水曜日と金曜日に掲載している記者によるコラムを掲載します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧