━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日経バイオテク/機能性食品メール】
   【2015.11.6 Vol.212】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 原則として毎週金曜日に「日経バイオテク/機能性食品メール」をお届けしております日経バイオテクの河田孝雄です。

 まずは恒例の機能性表示食品の届出書受理情報から。この1週間では、水曜日(11月4日)に6件が加わり、計128件になりました。11月4日公表分は全て、届出日は9月10日です。

 届け出の状況は、消費者庁のウェブサイトをご覧ください。

 機能性表示食品の今週の話題としては、昨日(11月5日)、静岡県浜松市の三ヶ日町農業協同組合(JAみっかび)が、「骨の健康に役立つ」という旨の機能性を表示した温州ミカン「三ヶ日みかん」を、東京の大田市場に初めて出荷したことを、まずは挙げたいです。

 機能性表示食品の制度における生鮮食品の届出書の受理は、三ヶ日町農業協同組合(JAみっかび)の「三ヶ日みかん」と、サラダコスモ(岐阜県中津川市、中田智洋代表取締役)の「大豆イソフラボン子大豆もやし」が最初のケースです。8月3日に届け出が受理されたことを、消費者庁が2015年9月8日に公表しました。

 今週は、「日経バイオ年鑑」の編集作業に注力しておりました。この機能性表示食品や、TPP、厚生労働省・食品安全委員会における安全性確認のこの1年の動き、などを調べました。追って、記事に反映してまいります。

 そして機能性食品の今日の話題としては、「第6回ものづくり日本大賞」からお届けします。

 松谷化学工業が、経済産業省の「第6回ものづくり日本大賞」の「優秀賞」(製品・技術開発)を、香川大学、株式会社希少糖生産技術研究所、株式会社レアスウィートと共同で受賞しました。受賞件名は「『奇跡の糖』希少糖を含有する異性化糖の新規化学法による生産とその事業展開」です。表彰式は、2015年12月2日(水)に香川県高松市で行われる予定とのことです。

 松谷化学は、受賞の対象となった希少糖含有シロップ(商品名:「レアシュガースウィート」)の研究・製造・販売を行っています。

 「レア スウィート」については、特定保健用食品(トクホ)の審査が進んでいます。先週木曜日(10月29日)の食品安全委員会新開発食品専門調査会(第107回)で審議されましたが、結果はまだ公表になっていません。

[2015-7-21]
松谷化学、希少糖プシコースの米国での商品名は「ASTRAEA」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150721/186369/

[2014-7-1]
松谷化学、希少糖プシコースのGRAS認証をFDAから取得、
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140701/177384/

 それから今日は都内で、林原が「第19回トレハロースシンポジウム」を開催しま
した。追って報道してまいります。

http://www.hayashibara.co.jp/news.php?id=64

[2015-9-28]
林原が独自2酵素で澱粉から製造する水溶性食物繊維を11月に発売、
腸内菌叢の改善で肥満対策にも
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150928/187604/

[2015-9-24]
林原がトレハロースの生産能力を3割増へ、26億円を投資
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150924/187532/

 松谷化学の難消化性デキストリンは年120億円、林原のトレハロースは年110億円
と推定できる主力素材です。さらなる事業の発展が、今後楽しみです。