世界の創薬パイプライン 最新版を7/31発刊

(2018.09.06 10:00)

 日経バイオテクでは、「世界の創薬パイプライン 2018/2019」を2018年7月31日に発行します。

 国内外の製薬企業・バイオベンチャー700社のパイプライン5,000超を、領域別×モダリティ別に一覧化。前版「世界の創薬パイプライン総覧」に比べて、大幅な更新となります。

 創薬の最新トレンドを各領域別に把握できる他、臨床後期から市販に近く移行しそうな品目は何か、競争が激化している標的は何か、逆にまだ競争が激しくない標的は何か、といった情報をまとめて入手できます。また、各領域別における注目の標的などを、日経バイオテクの好評連載「パイプライン研究」の筆者である伊藤勝彦氏(医薬品業界アナリスト)が解説します。

詳しい書籍内容はこちら。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧