日経バイオテクはサイトをリニューアルしました。スマートフォンなどでもストレスなくお読みいただけるデザインを導入。インターフェースも一新して、記事やデータベースにアクセスしやすくなりました。今回のリニューアルによる主な変更点は以下の通りです。

画像のクリックで拡大表示

1:検索機能を集約

 これまで別々だった記事とデータベースの検索を1カ所に集約しました。PC版は左上の検索ボックスを、スマホ版は右下の「検索」を選んでください。1996年以降の全ての記事(累計で8万本以上)、「日経バイオ年鑑」(過去3年分)、「バイオ企業情報」などからまとめて検索できます。「詳細検索」を押せば、検索期間や除外キーワードも指定できます。

2:調べたいことをパッと調べて、すぐに仕事に戻れる

 知りたい情報がすぐに探せるよう、インターフェースを大幅に見直しました。新着記事、最新号、特集、連載一覧は右上のボタンからお進みください。「日経バイオ年鑑」や「バイオ企業情報」などのデータベースもトップ画面からダイレクトにアクセスできます。

3:記事の分類を分かりやすく、読了目安も表示

 記事は内容によって「医薬・医療」「基礎・研究支援」「食品・農業・環境」「投資・行政・社会」の4つのジャンルに分かれています。記事タイトルの上にジャンル名も示すようにしたので、目的の記事が探しやすくなりました。また、タイトル下に記事を読み終えるまでの目安時間も表示しました。

4:「ホットトピックス」を追加

 「新型コロナウイルス」「核酸医薬」「デジタルセラピューティクス(DTx)」など、バイオ業界で話題になっている旬なテーマについて、解説と関連する記事を一覧できる機能を追加しました。これを活用すればバイオ業界の最新トレンドが分かります。ホットトピックスは7~8種類並んでいるので、左右にスライドしてください。

5:迷ったときは、画面左上の「メニュー」から

 日経バイオテクのロゴを押せばトップ画面に戻ります。「読みたい情報がどこにあるか分からない」と迷われたときは、画面左上の「メニュー」を選択してください。お知らせやバックナンバーなどの各種ページへもダイレクトにアクセスできます。また「設定」を押せば、会員情報の確認や変更、メールマガジンの登録に進みます。

スマホにも最適化したデザイン

 「レスポンシブWebデザイン」を採り入れることで、パソコン・タブレット・スマートフォンなど画面サイズが異なっても記事が読みやすくなりました。通勤途中や会議中でも、手のひらのスマホから日経バイオテクのコンテンツにストレスなくアクセスできます。

 画面下部のボトムナビには、よく使う「トップ」「検索」「データベース」「連載」へのダイレクトボタンを配置しました。

メルマガも刷新。「午前便」と「午後便」を配信

 リニューアルを機にメルマガも一新しました。文字だけのテキストメールから画像も含めたHTMLメールに変更。最新の記事リストをお知らせする「午前便」と、記事のポイント解説や分野別ランキング情報をお伝えする「午後便」に分けてお届けします。

※その他の詳しいご利用ガイドはこちらをご覧ください。