新春展望2018

医薬品のイノベーションの真の価値が問われる時代

(2018.01.02 08:00)
原田明久=ファイザー社長、イノベーティブヘルス事業部門 インターナルメディスン部門長

 今、日本がイノベーションの価値をどう定義していくかが世界から注目されている。新薬創出・適応外薬解消等促進加算等により、日本におけるドラック・ラグおよび未承認薬問題はほぼ解消され、革新的医薬品が速やかに日本で開発・承認され、患者さんのもとに届けられるようになってきている。

 しかし、今回の薬価制度改革の議論の中で、医療全体の見直しを含めた検討がなく、個々の医薬品の薬価加算要件の区分や開発の順番に焦点があてられた制度の議論に終始し、イノベーション推進の起爆剤にならなかったのは残念である。今後、日本がイノベーションの価値をどう定義し、評価していくかが日本での創薬推進の鍵であり、製薬企業もイノベーションの価値基準の見直しを迫られている。その中で、新薬開発において、企業や医療関係者中心の議論のみならず、患者さんの視点も取り入れた議論が活発になってきた。今後、新薬および治療の価値は、単に治療の選択肢を提供するだけではなく、患者さんにどれだけインパクトを与えることができるかが益々重要になる。

 近い将来、遺伝子治療のようなこれまでにない医療イノベーションが日本で始まる。このような医療イノベーションは産官学それぞれが単独で生み出すものではなく、患者さんも含めた四者が連携して社会全体で生み出していかなければならない。我が国で必要な革新的医薬品の開発を促進し、日本の患者さんに1日でも早く新薬を届けるためには、医療のイノベーションの価値に対して、医療全体を見渡して「医療イノベーションの価値基準は何か」「日本が医療先進国であり続けるためには何が必要か」を継続的に社会全体で議論していく必要がある。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧