再生・細胞医療と遺伝子治療の日本と海外の開発動向の違い

 2018年に入り、日本企業の再生・細胞医療の開発が加速している。富士ソフトの子会社である富士ソフト・ティッシュエンジニアリングは2018年6月、口唇口蓋裂を対象疾患として、自家のインプラント型再生軟骨を再生医療等製品として厚生労働省に承認申請した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)