第1回から第3回までの連載では、再生・細胞医療におけるグローバルの開発動向を俯瞰しながら、疾患×モダリティごとの「勝ち筋」を分析し、中長期的な再生・細胞医療の5つの実用化シナリオを提示した。その上で、技術の多様性・不確実性から、フラグメント化する再生・細胞医療市場においては、環境変化の兆候を把握するサインポスト分析とその変化に合わせた戦略の柔軟性こそが重要であると述べた。第4回の本稿では、再生・細胞医療の実用化のカギをを握る周辺産業に焦点を当てて、そこで何が課題になっているのか、特に重要となる細胞製造部分に焦点を当てて、議論していきたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)