第2回の連載では、再生・細胞医療がターゲットとする疾患の市場ニーズや、各疾患における根本治療技術の進展度合いから、疾患×モダリティの「戦況」を把握し、勝ち筋技術の仮説を総合的に分析した。この分析により、短期的(5年以内)に市場が立ち上がる領域がある程度見えてきた一方で、中長期には、技術的な不確実性の高さより、複数の実用化シナリオを見据えておく必要があることを述べた。第3回の本稿では、現在想定される5つの実用化シナリオを紹介した上で、これらのシナリオが再生・細胞医療へ与えるインパクトにつき、考察していきたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)