新型コロナで露呈した日本の弱点、パンデミックに備える臨床研究版“DMAT”を

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への日本の感染症対策を主なテーマとして、2020年11月6日、7日、横浜市で開催された第7回日経・FT感染症会議(主催:日本経済新聞社、共催:英Financial Times社)。同会議では、COVID-19への感染症対策を通じて露呈した、日本が抱える数々の課題について(あえて批判的に)議論が展開された。その中で、複数の専門家が「日本の弱点だ」「日本のアキレス腱(けん)だ」と深刻な懸念を表明した課題がある。それは、COVID-19のパンデミックという緊急時において、COVID-19の感染対策に資する臨床研究プロジェクトを国内で立ち上げ、遂行することが満足にできなかった、という課題だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)