祝ノーベル賞受賞、CRISPR/Casの治療応用の最新動向を解説

 2020年のノーベル化学賞は、ゲノム編集技術のCRISPR/Casを開発した、ドイツMax Planck Institute for Infection BiologyのEmmanuelle Charpentier所長と米California大学Berkeley校のJennifer Doudna教授が受賞することが決まった。2020年10月7日、ノーベル財団が発表した。受賞が決まったCharpentier所長とDoudna教授は、世界トップレベルの研究者でありながら、それぞれ、CRISPR/Casの治療応用を進めるベンチャー企業の創業者という別の顔も持つ。CRISPR/Casの治療応用がどこまで進んでいるのか、その開発動向について取材した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)