久保田文
日経バイオテク副編集長、日経メディカル副編集長
 2002年東京農工大学農学部卒業、同年日経BPに入社。2002年から7年間、月刊誌の日経バイオビジネス(現在は休刊)、ニューズレターの日経バイオテクの記者として、国内外のバイオ・ヘルスケア業界を取材、記事を執筆した。2009年からは、医師向けの日経メディカルの記者として、終末期医療や新型インフルエンザ、東日本大震災などを取材、記事を執筆。2014年4月より現職。製薬業界におけるモダリティの多様化などに重点を置き、取材、記事を執筆している。
 日経バイオテク副編集長の久保田文が、心に刺さったバイオの“現場”について、読者にお届けする不定期の連載コラムです。