第3回の記事で、MIT Media Labなどの大学や研究機関とDIYバイオコミュニティーの連携や関わりを紹介したが、日本で積極的にDIYバイオに参入している大学、研究室は現状では非常に少ない。ただし、だからといって日本の研究者や大学を批判する気は全く無い。そもそも公的研究費などを使用して研究を行っている大学という研究機関の性質上、オープンソースなどで外部に研究の進捗を積極的に公開しながら研究を行うことが少なく、DIYバイオのコミュニティーと接点を持つ機会もほとんど無かったのではないだろうか。これは企業についても同じことが言えるだろう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)