国内外で承認取得へ

 血友病Aは、血液凝固第VIII因子がうまく働かない遺伝性の疾患だ。凝固因子の活性が、健常者の平均に対して1%未満だと重症、1%から5%だと中等症、5%から40%だと軽症に分類される。軽症は大きなけがや手術の際に異常出血を起こす。中等症や重症になると自然に出血を起こすようになる。特に関節内出血を頻繁に起こすようになると、関節が変形して破壊されてしまう。また、頭蓋内や頸部で出血を起こすと生命に関わることもある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)