克服された製造面の課題

 中外製薬は2001年12月にスイスRoche社と戦略的アライアンスの契約を締結し、その資本傘下に入ることを決めた。Roche社が中外製薬の株式の50.1%を保有するが、社名は変えず、代表者には中外製薬社長の永山治が就任し、マネジメントも独自に行う。そんな合意の下、中外製薬は2002年10月にRoche社の日本法人である日本ロシュと合併し、新しい経営体制がスタートした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)